缶コーヒーを飲むと逆に眠くなるのは血糖値急低下が原因

血糖値急低下,缶コーヒー,眠くなる

血糖値というのは高すぎてもいけません。
低すぎても細胞が取り込めるエネルギーが少ないので体は思うように働かかなくなります。

 

そしてエネルギーを節約するために体は休眠モードに入ります。
体を目覚めさせるためにカフェインも砂糖も入った缶コーヒー飲む人も多いでしょう。

 

しかしこれが逆効果でむしろ眠くなるのです。
その原因ですが、缶コーヒーに含まれる砂糖にあります。

 

この砂糖は穀物やイモ類のデンプンなどに比べ非常に吸収しやすいのです。
缶コーヒーを飲んだそばから吸収されます。

 

血中で流れる糖の量が増加します。
血糖値が急激な増加を見せると、一時的に体は目覚めます。

 

カフェインのエネルギー産生を促し体の覚醒を保つ作用も手伝って一度はしゃっきりと目が覚めることでしょう。
しかし、急激な血糖値の増加は膵臓ランゲルハンス島からのインスリン分泌を促します。

 

ブラックコーヒーでも血糖を消費して眠くなる?

血糖値急低下,缶コーヒー,眠くなる

このインスリンというホルモンは血糖値が高い場合に放出されます。
ある分だけエネルギーを使ってしまわないよう糖を貯蔵するように肝臓をはじめとする各細胞へとシグナルを送ります。

 

体の細胞が血糖値が上がったためにたくさんの糖を使って活躍し、また同時に別のところでは糖を取り込んで
貯蔵を促すという、それぞれ血中の糖をもとにした反応が別々に進行します。

 

これが血糖値急低下を招きます。
血糖値が急低下すると、前述の通り体は休眠モードに移行し血糖を無駄遣いしないように節約します。

 

このことによりカフェインを摂取したにも関わらず、体が休眠モードに入りアクティブではいられなくなってしまうため
眠くなってしまうのです。

 

純粋にカフェインの効果を得たいならブラックでコーヒーを飲むことをお勧めします。
しかし活動を続けるほどに血糖を消費してやがて眠くなってしまうという結論は一致しています。

 

必要なのはいかにして起き続けているかではなく、眠気とどう付き合っていくかということに終始します。
試験前など、差し入れに缶コーヒーを選ぶのは避けたほうがいいかもしれません。

 

血糖値を下げる

>>血糖値を下げるサプリはこちらが参考になります!<<

【高血糖と糖尿病の関係】関連情報

低血糖,原因,症状

低血糖とはいったいどんなものでしょうか。糖尿病の症状の1つが低血糖です。糖の摂り過ぎによって糖尿病になります。そして、反対に糖のひかえ過ぎも糖尿病に繋がるのです。低血糖は糖が不足している状態です。この状態では血液中のブドウ糖が少なくなっています。血糖値が60ミリグラム~70ミリグラムより低ければ低血...

血糖値測定キット,選び方

健康診断で血糖値が高いと言われたことがある方も多いかもしれません。血糖値が高いまま放っておくと糖尿病になってしまうこともあります。血糖値は日頃から注意が必要です。そんな血糖値ですが自宅で簡単に計測・管理することができます。血糖値管理のための血糖値測定キットの選び方について説明しましょう。血糖値測定キ...

血糖値乱高下,チョコレート,疲労感

疲れたときは甘い物が食べたくなりませんか?コーヒーとチョコレートでブレイク。ほっとするひと時ですね。甘い物を食べると脳内にはドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質が分泌されます。これらの物質は別名「幸福物質」ともいって幸福感をもたらすものです。疲れたときに甘い物が食べたくなるのは自然のことなんです...

血糖値急低下,缶コーヒー,眠くなる

血糖値というのは高すぎてもいけません。低すぎても細胞が取り込めるエネルギーが少ないので体は思うように働かかなくなります。そしてエネルギーを節約するために体は休眠モードに入ります。体を目覚めさせるためにカフェインも砂糖も入った缶コーヒーを飲む人も多いでしょう。しかしこれが逆効果でむしろ眠くなるのです。...